こんにちは、aeruオンラインショップのホストファザー(店長)小林です。

「上手にすくえるから、食べるのが楽しくなって、食事の時間が大好きになりますように」と想いを込めて、日本各地の職人さんと一緒に作っている『こぼしにくい器』。

同じカタチでも、産地が違うと表情がずいぶん違います。それぞれのページで、器をアップにした写真もご紹介しているので、どうぞご覧になってみてください。

千年の都で育まれた「お誂え」の文化

京都府から 京焼の こぼしにくい器
0歳からずっと / 5,700円(税抜)〜


〈aeruホストファザー小林より〉

地元で採れる土や石を使う他の産地の焼き物に対して、
京焼は全国各地から素材を集めて作られます。
「地元の素材で作る」のではなく、
「ほしいものを作る」という文化です。

とくに安土桃山時代以降、茶の湯の流行とともに、
茶人や宮家、公家の要望に応えて、
茶道具や器を作る「お誂え(おあつらえ)」、
今で言う「オーダーメイド」の文化が生まれました。

千年の都・京都では、まだ見ぬ逸品を求める者と、
それに応えて技を磨く職人との循環によって、
新しい伝統を生み出す土壌が
育まれてきたのです。

もっと詳しくみる>>




素朴で、やさしい表情

徳島県から 大谷焼の こぼしにくい器
0歳からずっと / 5,200円(税抜)〜


〈aeruホストファザー小林より〉

職人さんが手作業で
クリーム色の釉薬を掛けているので、
同じものは二つとしてない、
個性豊かな表情をしています。

でも、どの器にも共通しているのは、
みんな素朴でやさしい表情。

あたたかい食事の時間に、
この子も参加させていただけたら、
嬉しいです。

もっと詳しくみる>>

自然に根付いた益子焼

栃木県から 益子焼の こぼしにくい器
0歳からずっと / 5,900円(税抜)〜


〈aeruホストファザー小林より〉

益子の土は、砂気が多く、
ところどころに鉄分を含んだ黒い粒が混じっているのが特徴的です。

ごつごつした大きな砂粒は丁寧に取り除いているので、
滑らかな質感をお楽しみいただけます。

また、農家の方からいただいたお米の籾殻を灰にし、
さらに銅を加え、益子青磁の釉薬をつくり、
青緑の独特の色味を生み出します。

もっと詳しくみる>>

食卓になじみやすい砥部焼の器

愛媛県から 砥部焼の こぼしにくい器
0歳からずっと / 4,500円(税抜)〜


〈aeruホストファザー小林より〉

こぼしにくい器シリーズで最初に作ったのが、
この『砥部焼のこぼしにくい器』。
“お兄さん的存在”です。

“お兄さん的存在”らしく凛とした佇まいで、
毎日の食事で頼りになる器ですが、
よーく見ると、ぽってりとやさしい表情をしています。

親しみやすい砥部焼の器は、
多くの方にご愛用いただいております。

もっと詳しくみる>>




ある、青森の風景

青森県から 津軽焼の こぼしにくい器
0歳からずっと / 5,700円(税抜)〜


〈aeruホストファザー小林より〉

ずいぶん昔の話になりますが、
ある年の冬、青森を訪れたときのこと。

地元の方が話しかけてくれて、
「あら〜、ねぷたの時期でもないのに。
来てくれて嬉しいけど、楽しんでもらえるものは、
今の季節にあるかな」
と、おっしゃいました。

でも、東京で生まれ育ったぼくにとって、
しんしんと降る雪も、
夜空一面にきらきらと輝く星も、
どれも「青森に来て良かった」と、
思わせてくれた景色でした。

『津軽焼のこぼしにくい器』は、
そんな青森の景色を思い出させてくれました。

もっと詳しくみる>>




一緒に成長を見守る、漆器

石川県から 山中漆器の こぼしにくい器
0歳からずっと / 6,500円(税抜)〜


〈aeruホストファザー小林より〉

素地が木で出来た漆器は、
熱が直接手に伝わりづらいので、
熱い器に手を添えたり、
持つのが苦手な子も持ちやすいのが特徴です。

また、漆器は軽く割れにくいので、
お出掛けやお泊りの時など、バッグに入れて持ち運んで
お家以外でもお使いいただきやすい器です。

木の器は、使うほどに育つもの。
お子さんの成長をご家族と一緒に、この器も見守ります。

もっと詳しくみる>>

木のやさしい表情を

秋田県から 川連漆器 拭き漆の こぼしにくい器
0歳からずっと / 9,800円(税抜)〜


〈aeruホストファザー小林より〉

川連漆器は、今から八百年ほど前、
刀の鞘(さや)や鎧(よろい)などの
武具の漆塗りから始まったと言われています。

木のやさしい表情を活かして、
秋田県の職人と一緒に、「自分で食べる」を応援する
『秋田県の 川連漆器 拭き漆の こぼしにくい器』を作りました。

もっと詳しくみる>>

こぼしにくい器